トップ > 書籍 > PMI標準 > 組織的プロジェクトマネジメント成熟度モデル(OPM3®)第3版

組織的プロジェクトマネジメント成熟度モデル(OPM3®)第3版

2003 年の初版以来、組織的プロジェクトマネジメント成熟度モデル(OPM3®) は、リスクを最小化し、正しいプロジェクトを推進し、組織の成功を加速するための投資調整を行うために、世界中の組織が利用してきた。
組織がOPM3®に頼る理由は、戦略と個別プロジェクトの間にあるギャップの橋渡しを助け、プロジェクトマネジメントの原理と実務慣行を適用することによって戦略上の利便を促進する方法を提供するからである。
組織的プロジェクトマネジメント成熟度モデル(OPM3®) 第3 版は、数年にわたる開発の成果であり、世界中の国々の数百というプロジェクトマネジメント実務者とコンサルタントからのインプットによって形づけられた基盤に立脚して成長し続けている。
この最新版は、最新のベストプラクティスを提供するだけでなく、以下に示すような複数の拡張と変更も含んでいる。

  • 標準類との連携の拡大
    この新しい版は、最新版のPMBOK®ガイド、プログラムマネジメント標準、ポートフォリオマネジメント標準 とも、また、能力成熟度モデル統合(CMMI) のような他の成熟度モデルとも、連携を大きく拡げている。
  • 事業価値に関する表現の改善
    この版は、標準としてOPM3® を使うことの実践的な事業価値をより良く表現している。組織は自分自身をこの標準によって測定し、組織戦略を業績に転換することになる。
  • 最適化されたモデル
  • 「本モデルの使い方」のセクションは更新し、OPM3®実務者が、より一層、組織の達成能力をアセスメントするために必要な知識を習得でき、意味のある改善を促進できるようにした。
製造元 : 一般社団法人 PMI 日本支部
価格 : 円(税込)
数量
 
会員区分

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

<目次>

  • 1 概観
2 基本概念
3 組織的プロジェクトマネジメント成熟度モデル(OPM3®
4 知識習得
5 アセスメント実施
6 改善マネジメント
付属文書 A1 OPM3® ベストプラクティス集
付録 X1 第3版の変更点
付録 X2 OPM3® 標準の貢献者と校閲者
付録 X3 OPM3® セルフ・アセスメント法(SAM)質問集
付録 X4 OPM3® ケーススタディ
用語集

ページトップへ